読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うたわれるもの 二人の白皇 七回目

どうも、うたわれるもの7回目になりました。

 

 

うたわれるもの 二人の白皇

うたわれるもの 二人の白皇

 

 

 

仕事で一週間出張だったため更新が遅れました。

 

その結果・・・

 

トロコンしました!!

とりあえず、トロフィー近況

 

ヒロインキャラクターの印象を一人一人書いているところだったと思いますが、終わってしまいましたね(笑)

 

夢幻演舞クリアするまでの間に、各キャラクターの使い勝手の印象がガラッと変わったので、後日、うたわれるもの二人の白皇の総括で書きたいと思います。

 

 

とりあえず、夢幻演舞の感想から。

 

夢幻演舞、前作以上におふざけ要素、後日談要素が強かったですね。

前作は単純に難しいステージがなんステージかあるだけだったけど、今回はED後、ハクが黄泉の世界に行ってから、現実世界に帰ってくるまでの間の黄泉の世界でのやりとりを描いたという感じでしょうか。

 

 

笑ったのは、エクストラエピソードの「奇妙なふたり」ですね。

ネコネの水着姿とかこれのために作ったのですかというw

 

「ひみつ遊技」もひどいw

あれを見る限りでは、ルルティエが一番重症ですねw

 

 

さて、一応残りのメンバーのイメージをやっておきましょう。

 

アトゥイ

 なんとなくオシュトルの中のハクの存在に気づきつつ、それに惹かれていき、イベントではその正体に気づいたと思えば、すぐにキスビジュアルという他のヒロイン勢より一歩先を行ったイメージを持ちました。

 EDでも、ラスボス戦でも、ほかのヒロインより積極的にハクに攻める意志を見せつけていて、ヒロインとしては、クオン>アトゥイ>ルルティエ>>>>そのほか大勢 というくらいの格の差を見せつけていました。やはり相手に意識されることは重要ですね。

 まぁ ハクは、ハクオロさんと違って見境なくという感じでなさそうなので、クオン以外には手を出しそうにありませんが。(ウルサラには、逆にやられてしまいそうですが(笑))

  • キャラ面

 最初、戦闘狂すぎたり、ハクの死にも無頓着だったり、あんまり好きではなかったのですが、ナコク編での悩む姿、キスビジュアル後の照れる姿などに一気に惹かれてしまいました。ヒロインとしては一歩先を行っている感じです。

個人的にはクオンよりも遥かに好みです。b

  • 戦闘面

 移動力、素早さ、攻撃力の高さもさることながら、千里疾走の構え、なにより戦陣昂揚による連続行動がデカイ。気力MAXの最大4連続行動は、最高の遊撃要員でした。そのせいで突出しすぎたり、防御力がなかったりするせいで、囲まれてうっかりやられてしまう問題点があるところ。

 連撃のサークルのテンポが早かったり、後方が空いてなかったら連撃が止まったりなど、いろいろと使うのに注意が必要な感じ。

 夢幻では、出られる人数の少なさからどうしても出撃頻度が落ちる結果になりました。

 

アンジュ

 オシュトルのことが好きなくせに、結局最後まで気づかなかったという残念ヒロイン。EDでは、生前の記憶がよみがえってるような描写が涙を誘いました。お調子者でクオンと張り合うところが見ていてほほえましく、年齢も低いことから、あまりヒロインという印象はありませんでした。

  • キャラ面

 上でも書いた通り、ヒロインというより手のかかる妹という印象が強くヒロインとしてもイメージは殆どありませんでした。

 普段からちょこちょこ動いてそうで一緒にいたら絶対に楽しい子だと思うけど、たぶん大変なんでしょうね。

  • 戦闘面

 リターンダメージの代わりに攻撃力が異様に高いことが売りのキャラクター

攻撃力が高いのはいいのですが、攻撃が殆ど接敵状態なのが問題。素早さと移動力がないため、接敵する前に他のキャラで倒してしまうから、結局なにもしないまま終わってしまうという残念キャラのまま終わってしまいました。

 夢幻でカルラとタイマンはるのが最後の見せ場か・・・とはいて、一人じゃカルラに結局勝てないし・・・

 

 

フミルィルはいいや。かなりの壊れキャラで、フミループとかいうゲーム性崩壊の技が出るくらいだけど、正直ぽっとでのキャラクターで印象が薄い。

何より何かにつけて脱げるというお色気担当キャラは余り好きになれないのですよね。

 

 

さて、一通り感想書きました。

恐らくうたわれるものは、あと2回程度で終わると思います。一回は夢幻の攻略法、最後は総括というところでしょうか。

 

それでは